Cafe & Meal メメントモリ

ブログがすっかりご無沙汰になってしまいました…すいません。

昨年末から「書道」を習い始めました。
習い事なんて、小学生以来ぶりです。
きっかけは、いくつかあります。
まずひとつは、とあるギャラリーで「書」の作品を見た事。
“白い”半紙と“黒い”墨汁から生み出される
絵の具以上の多彩な色、表情。
そして、墨の広がりや、字の形や動きから感じる『動』
たった一滴の墨汁からも大きなエネルギーを感じる。
しかし、それは『静』が根底にあってこその『動』であり
強すぎる一方的なものではなく、包み込むような優しい『動』なのです。
奥底に閉ざされていた感覚に、光が差し込むような気がしました。

また、書に取り組む姿勢が己と向き合う時間のような気がします。
日々の生活の中でモノやコト、感覚や感情が溢れる中、
『書』と『自分』という一対一になる時間。
“無”になる時間
“静”になる時間。
“生・清・整・精、、、”を感じる時間。
その時間を大切にしたいと、、、。

私は字が上手くありません。
だから、自分の字が好きではありません。
字は、その人自身を表すといいます。
自分の手から生み出されるものを好きになれたらいいな、と思っています。

-1_400x300.shkl